字が下手っていうのは?

お手軽ボールペン字無料練習>字が下手っていうのは?

字が下手っていうのは一体どういうこと?

「私は字が下手でもう少し、上手になりたい。」とか、
「よく周囲の人から、ていねいに字を書くように注意されます。」

など、よく耳にすることが多いものです。

では、そもそも字が下手っていうのは、一体どういうことなのでしょうか?
字が上手くなりたい人でも、ほとんどそんなことは考えないのが普通です。

実は、字が下手といっても大きく分けると、”字を読む場合”と”字を見る場合”の2つがあります。
この、”読む”と”見る”では、大きな違いがあるのです。

字を読む場合

これは、まさしく書いてある文章の内容を理解するために、字を1文字づつ読んでいく場合です。文書を読んでいるときは、ほとんどの人は内容を理解するのが最優先で、字の上手、下手を気にすることは、あまりありません。

このとき問題になるのが、ズバリ”読みやすさ”。

文書を読んでいて、とても読みづらい、あるいは読めないとしたら、あなただったらどうでしょう。間違いなく読み手であるあなたは、不快になりますし、文書を書いた人は字が下手だという印象を、持ってしまいます。

つまり、普段の私達は、難しい漢字でない限り、自然に文章が読めるのに、字が下手といわれる人の文章は、読む努力が必要だということです。

字を見る場合(文章全体を見る場合)

「文章全体を見る?」ちょっと不思議に思われるかもしれませんが、実は手書きの文書を読む人は、誰でも無意識に行っていることなのです。

例えば、手書きの履歴書や手紙、ハガキを受け取ったときが、これにあたります。

ちょっと、普段あなたが手書きの文書を読んだときのことを、思い返してみてください。文書の内容を、理解しようとすることはもちろんですが、読み始める前か、読み終えたあとに、一度文章全体をながめるはずです。

そして、
「なかなか読みやすい字で、書かれているなあ。」
「内容はいいけど、字が踊っている。」
「ユニークな字だなあ。」

とか、少なからず、何かの印象を持つはずです。

これは、パソコンで作った文書やハガキでは、ありえないことで、手書きの文書だけに限られたことです。だって、パソコンからプリントアウトされた文書は、どれも同じですから、文章全体を改めてながめることなんて、しないのが普通です。

つまり手書きの場合は、一文字だけでなく文書全体から受ける印象も、字の上手さに大きく関係してくるのです。

たとえ、一文字づつが下手でも、文書全体が整った書き方であれば、上手な印象を受けるわけです。

だいたい、一文字づつ見ながら、この字は上手で、この字は下手なんて観察する変わり者は、まずいませんから。

試しに、あなたが最近書いた文書があれば、一度よく観察してみましょう。ちょっとしたボールペン字上達のヒント(上手に見える)が、見つかるかもしれませんよ。
ボールペン字練習は何のため・2<前ページ|次ページ>ボールペン字練習帳
◆ボールペン字無料練習手本
ひらがな 1
カタカナ 1
数字、時間 1
県名 1
     ・・・・・他
◆ボールペン字上達のために
ボールペン字練習は何のため・1
ボールペン字練習は何のため・2
字が下手っていうのは?
ボールペン字練習帳について
練習帳の効果的な使い方
ボールペン字上達のコツ
漢字上達のコツ
ひらがな上達のコツ
カタカナ上達のコツ
ボールペン字上達のおさらい
ボールペン字と書道は別物
ボールペン字の通信講座
◆ボールペン字関連情報
ボールペン字の練習道具
ボールペンの種類
ボールペンの歴史
永字八法とは
     ・・・・・他

リンクについて
相互リンク集1
厳選リンク集1
サイトマップ
Copyrights(c)2008 お手軽ボールペン字無料練習 All Rights Reserved