漢字上達のコツ

お手軽ボールペン字無料練習>漢字上達のコツ

漢字上達の3つのコツ

日常で使っている漢字の数は千文字以上もあり、これを一つ一つ練習するとなると、どれだけ時間があっても足りません。
ここでは、漢字を上手に書く、簡単なコツを3つお話します。

上達のコツ1. 直線と曲線を明確に!

漢字の要素を調べると実は、基本的に点、横画、縦画、はね、はらいの5つしかありません。

そして、これをもっと単純に区分すると、直線と曲線に大別できます。(もちろん、これはあくまでボールペン字を練習するためだけの、かなり思い切った区分です。)

そう考えると、漢字を書くときのコツは直線で書く部分と、曲線で書く部分を、はっきり区別しながら練習すると、効果があります。

微妙な漢字の表現は、できるだけ省略して、シンプルに書くことを目指します。
例えば、以下のように漢字を直線と曲線の2つの要素だけでとらえて、練習するのがコツです。


 *黒は直線、赤は曲線

このサイトで提供している練習手本も、できるだけこの原則をもとに作成しました。はねや点などの、漢字の要素を直線か曲線かをはっきり区別して、書くことを心がけます。

なに、簡単なことです。メリハリをつけて中途半端な書き方をやめればいいのです。(ここは少し、強気のアドバイス!)

特に字が読みにくいと言われる方は、この中途半端な書き方をするケースが多いようです。

それに、ほとんどの漢字では、左に払いながら途中で右に払うようなスネークラインは、ほとんどありません。

上達のコツ2. 字の大きさ

漢字を書くときは、、画数の少ない単純な漢字を書くときには、通常の漢字よりも一回り小さめに書くのがコツです。

これを漢字だからといって、全く同じ大きさで書いてしまうと、バランスが悪くなってしまいます。

例えば、次のような漢字。



枠一杯に書いた”田、口、宛、手”ははっきり言って、かなり大きすぎますね。これは、漢字とひらがなの関係と同じで、画数の少ない単純な漢字は、小ぶりに書くと文章全体のバランスがよくなります。

上達のコツ3. 横画の角度を揃える

これは、ボールペン字上達のコツのところでもお話しましたが、漢字の横画の右肩上がりの角度は、どの漢字も揃えるようにします。

これによって、文章全体に統一感が生まれ、整った印象を読み手に与えます。右肩上がりの角度は、あなたにお任せ。あなたの一番書きやすい角度で十分です。

たとえ、横画が多い漢字でも気にすることはありません。必ず、右肩上がりの角度は同じに揃えるのがコツです。
ボールペン字上達のコツ<前ページ|次ページ>ひらがな上手のコツ
◆ボールペン字無料練習手本
ひらがな 1
カタカナ 1
数字、時間 1
県名 1
     ・・・・・他
◆ボールペン字上達のために
ボールペン字練習は何のため・1
ボールペン字練習は何のため・2
字が下手っていうのは?
ボールペン字練習帳について
練習帳の効果的な使い方
ボールペン字上達のコツ
漢字上達のコツ
ひらがな上達のコツ
カタカナ上達のコツ
ボールペン字上達のおさらい
ボールペン字と書道は別物
ボールペン字の通信講座
◆ボールペン字関連情報
ボールペン字の練習道具
ボールペンの種類
ボールペンの歴史
永字八法とは
     ・・・・・他

リンクについて
相互リンク集1
厳選リンク集1
サイトマップ
Copyrights(c)2008 お手軽ボールペン字無料練習 All Rights Reserved