楷書体と行書体

お手軽ボールペン字無料練習>楷書体と行書体

楷書体と行書体について

楷書体

楷書体は字を省略しないで、一画一画書く書体のため、役所に提出する書類や、改まった文章を書くときに使われます。

日本の教育ではこの楷書体を、小学生の頃からみっちり教えられるため、多少字を省略した行書体であっても、読み書きは苦になりません。

もともと、楷書体は中国の漢の時代に使われていた「隷書体 れいしょたい」を簡単にして、書きやすくするために作られた書体です。

だいたい隋〜唐の時代に一般的に使われるようになり、中国の有名な書家による作品が多く残っています。

*隷書体は、普段あまり目にしたことがないと思われがちですが、実は毎日のようにお世話になっているのです。

それは、お札の表と裏に一つずつ印刷されている丸い朱印です。これを見ると、普段使う漢字としては、かなり書きずらいことがよくわかります。

行書体

行書体は一番私達の生活になじみのある書体で、楷書体が一画一画正確に書くのに対して、字の一部を続け書きする書体です。

行書体は、楷書体を早く書くために出来たと思われていますが、実際はそうではありません。

もともと、隷書体を早く書けようにするため作られたのが行書体で、中国では楷書体よりも、約100年ほど早く普及していました。

つまり、隷書体をわかりやすく書きやすいものにしたのが楷書体で、日常生活の中で使いやすく、なおかつ早く書けるように工夫されたのが、行書体といえるのです。

両方とも、隷書体を起源にしているのですが、漢字の書体としては別の系統になっています。

日本では、密教で有名な真言宗の空海と、天台宗の最澄の手紙のやり取りも、行書体が使われていました。

中国ではこの行書体の他に、てん書体、隷書体、楷書体、草書体など大きく分けると5つの書体があり、それ以外にもいくつかの書体が、使われていたようです。

ちょうど日本に漢字、ひらがな、カタカナなどがあるように、漢字の母国である中国は、漢字一つでも様々なバリエーションがあったようです。
昔の人の字はどうだったの?<前ページ|次ページ>硬筆書写検定
◆ボールペン字無料練習手本
ひらがな 1
カタカナ 1
数字、時間 1
県名 1
     ・・・・・他
◆ボールペン字上達のために
ボールペン字練習は何のため・1
ボールペン字練習は何のため・2
字が下手っていうのは?
ボールペン字練習帳について
     ・・・・・他
◆ボールペン字関連情報
ボールペン字の練習道具
ボールペンの種類
ボールペンの歴史
永字八法とは
昔の人の字はどうだったの?
楷書体と行書体
硬筆書写検定
全国ペン硬筆検定試験

リンクについて
相互リンク集1
厳選リンク集1
サイトマップ
Copyrights(c)2008 お手軽ボールペン字無料練習 All Rights Reserved