昔の人の字はどうだったの?

お手軽ボールペン字無料練習>昔の人の字はどうだったの?

昔の人の字はどうだったの?

私達の日常の文書は、ボールペンをはじめ、シャープペンシル、サインペンなどで書くのが主流です。

しかし、戦前までは、つけペンや万年筆、鉛筆が多く使われていました。戦前までに書かれた文書を調べてみると、そのほとんどが行書体で書かれています。

現代のように、一般の人が役所に提出する書類も少なかったようで、楷書体でていねいに書く機会は少なかったようです。また、学校で習う字も行書体中心の教育が行なわれていました。

一方、現代の教育では、ほとんど楷書体のみが教えられ、点一つ、はね一つもおろそかにしないよう、みっちりと叩き込まれます。

わたしが小学生の頃は、
「点一つぐらいなくたって、意味がわかればいいじゃないか!」とか、
「ツとシ、一体どう違うの?」

なんて思っていましたが、一つでも間違っていると不正解。正直なはなし、漢字のテストはあまり好きではありませんでした。(これは、皆さんも同じかな。)


ところで戦前の人は、行書体を書き慣れているから、さも、字が上手で今とは比べものにならない、そう思いますよね。

ところが、そんなにたいしたことはないんですよ、じつは。以前、戦前に活躍した人が書いた文書を見る機会があったのですが・・・・・以外にお上手ではありません。

もちろんこれは、あくまでわたしの主観で、その良さがわからないのかもしれませんが。字にコンプレックスを持っている方は、少し自信を取りもどしてもいいのかもしれません。


それに気になるのは、字の間違いが非常に多いということです。例えば、”鳥”の点が一つ足りないとか、”湯”の横画が一本ないなど。

こんな間違いがあるのは、行書体中心の教育が行なわれていたためで、普通に読むときは、何の支障もないのですが、楷書体と比べると間違いがはっきりわかるわけです。

その点、今は、楷書体が正確に書けるように繰り返し、教育されますので、行書体や草書体を読んだり、書いたりするのはあまり難しくないようです。あなたは、戦前と、今の教育ではどちらがいいと思います?

*ボールペン字練習のサイトだというのに、少し脇道にそれてしまいました。
永字八法とは<前ページ|次ページ>楷書体と行書体
◆ボールペン字無料練習手本
ひらがな 1
カタカナ 1
数字、時間 1
県名 1
     ・・・・・他
◆ボールペン字上達のために
ボールペン字練習は何のため・1
ボールペン字練習は何のため・2
字が下手っていうのは?
ボールペン字練習帳について
     ・・・・・他
◆ボールペン字関連情報
ボールペン字の練習道具
ボールペンの種類
ボールペンの歴史
永字八法とは
昔の人の字はどうだったの?
楷書体と行書体
硬筆書写検定
全国ペン硬筆検定試験

リンクについて
相互リンク集1
厳選リンク集1
サイトマップ
Copyrights(c)2008 お手軽ボールペン字無料練習 All Rights Reserved